交通アクセス お問合せ

発注サイトは、9/1より稼働(現在準備中)

関連サイト
ミチワクリニック
東京都 中央区の心療内科。薬だけでなくカウンセリング、自律訓練法、遠赤外線温熱療法、栄養指導や運動指導なども併用し心身両面からアプローチすることを心がけています。

基本理念

HOME > 基本理念

すべての病気の原因は、上記3つに「不適切」「不十分」なという文言を付け加えた状態です。その解決の糸口が、当院で行うセラピューティック温タッチ(温熱療法)です。
QOL向上のため、必要となる3つのことを適切に機能させるのに、温熱療法はとても効果的でベストな方法と言えます。

1 私たちは毎日の食事から栄養を補給し生きています。食べ物の質が重要であることは言うまでもありませんが、最も重要なことは、それらを適切に消化・吸収させて、栄養素として体内に獲得しているかどうかです。

栄養素を適切に獲得するには、まず、摂取した食物をしっかりと消化しなくてはなりません。温めることによって、胃腸器官の働きが良くなり、消化酵素も活性して、適切な消化へと導くことができます。

2 栄養素は適切に消化され、小腸から血液に吸収されます。そして血流に乗って、タイムリー、かつ必要な細胞に送り届けられます。この適正な血液循環が極めて重要なことです。

消化された栄養素は、血流に乗って、全身の細胞へしっかりと運ばれる必要があります。細胞修復のためです。それが適切にできれば、毎日生まれ変わる細胞を正常に保つことができ、病気や疲れ知らずの身体に近づけるのです。私たちの身の回りには、身体を冷やすものがあふれています。夏は冷房、化学薬品や添加物、タバコ、酒・・・。日常生活のなかで習慣になっていることが、気づかないうちに身体を冷やしています。血行不良にならないようにするには、まず、温めることが先決です。

3 食べ物がすべて栄養になるわけではありません。その一部は細胞内での仕事を終えて、外に排泄されるべきものが多くあります。このようなゴミを体内に溜めずに、定期的に外に出すことが大切なことです。

現代社会に生きる私たちは、食品はもとより、大気水質土壌汚染など、害になるものを完全に避けて生活するのは不可能です。そのため、身体が処理できないほどの多量の老廃物を、体内に溜め込んでいます。溜め込みすぎると体内機能がしっかりと働かなくなり、体調不良やあらゆる疾患につながります。温熱施療を受けることで皮脂腺からの発汗ができます。普段の汗腺からの発汗とは違い、細胞の奥からの毒素排泄ができるということが最大のキーポイントです。

このページの先頭へ

個人情報保護方針 | リンク | サイトマップ

〒211-0051 神奈川県川崎市中原区宮内2-12-13 【地図】
TEL:044-741-3384 FAX:044-741-3484
【運営、管理】アドナイ・エレ株式会社
本店所在地:東京都渋谷区恵比寿4-19-10
電話:03-5447-8295 メール:メール