よくあるご質問

この他にも質問がございましたら、ご遠慮なく、お問い合わせフォームまたは電話にてお問い合わせください。

温熱療法とは?

A 遠赤外線、マイナスイオン、ラジウムの出る温熱器を全身の経絡に沿って当てていき、温めていきます。血行を促進させ代謝を上げて、発汗での老廃物排泄をすることによって免疫があがりますので、あらゆる症状の改善・健康維持に役立ちます。詳しくは「施療のながれ」をご覧ください。

何か持ってくるものはありますか?

A 特にお持ち頂くものはございません。汗をかきますが、こちらで浴衣をご用意してますのでご安心下さい。

時間はどのくらいかかりますか?

A 一回の施療で、お着替えの時間を含め約90分かかります。時間に余裕を持ったご来院をお勧め致します。

シャワーはありますか?

A シャワー設備はございませんが、ホットタオルをご用意しています。

汗でベタベタしないですか?

A 外気が暑くなり出る汗は、汗腺からの汗ですが、この施療の発汗は、細胞奥の皮脂腺からの汗です。この皮脂腺からの発汗が極めて重要であり、ここから出る汗は、普段かく汗とは違い、サラサラとしてベタつきません。

施療した日でもお風呂に入っていいですか?

A 身体の芯まで温まりますので、施療後7~8時間は、湯船に入る必要はありません。出来れば、シャワー程度にしてください。但し、冷やさないように・・・・

どの位の頻度で通えばいいですか?

A お身体の状態により異なりますが、病気の症状がある場合には、最初の1ヶ月は週に1~2回をお勧めしています。

身体を温めるとどのような、効果がありますか?

A  身体を温めることにより、HSP(ヒートショックプロテイン)というたんぱく質が増加します。また、血流改善はもとより、自律神経やホルモンバランスを整えたり、免疫効果や疲労の回復にも役立ちます。

HSPとは・・・壊れた細胞(がん細胞など)を修復し、免疫力、運動能力、新陳代謝等を高めてくれるたんぱく質です。

この他にも質問がございましたらご遠慮なく、下のお問い合わせフォームまたは電話にてお問い合わせください。